ルリゴキブリEucorydia yasumatsui - ゴキブリ屋敷
FC2ブログ

ルリゴキブリEucorydia yasumatsui

20190912173526c9a.jpeg

♂成虫

2019091217433947c.jpeg

幼虫


【学名】Eucorydia yasumatsui

【分布】日本 (石垣島、西表島)

【形態・生態】卵生でバランのようにキールのついた茶色の卵鞘を産み、一度横に倒して保持したあと産下する。♂は翅が腹部末端を覆うが、♀は翅が腹部末端を超えない。雌雄ともに腹部は一部明るい黄色。前翅、前胸背板は金属光沢のある瑠璃色で、♀よりも♂の方が明るい。幼虫は茶褐色で全身に細かい毛が生えている。野生下では樹洞に溜まった土の中や、朽ち木にシロアリなどによってあけられた空間から幼虫、成虫共に見つかる。飼育下でも明るいと頻繁にマットに潜っている。

【飼育方法】半乾燥半多湿で飼育しています。床材には腐葉土またはクワガタ用発酵マットを使い、水で濡らした後軽く絞ったミズゴケをケースの三分の一ほど置きます。乾燥にもある程度耐え、軌道に乗れば爆発的に殖えます。エサはマウスフードや昆虫ゼリーを食べますが、多数の個体を飼育していても摂食量が少ない為、ゼリーを与える際食べ残しによるダニの発生に気をつける必要があります。

【飼育難易度】★★★★★とても容易

【ゴキブリ屋敷メモ】
日本産ゴキブリ類の中でも指折りの美麗種です。
♂は日中に日当たりの良い林縁を飛ぶことが知られています。
最近、外来のアリがニッチを奪ってしまっているようで、ルリゴキブリがいそうな環境と思って確認すると大抵アリに占拠されてしまっています。
飼育自体はとても簡単でよく殖えてくれるのですが、このまま野生下の個体数が減ってしまわないか心配です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント