ワモンゴキブリ - ゴキブリ屋敷
FC2ブログ

ワモンゴキブリ

201910222228465aa.jpeg

♂成虫

20191022222837118.jpeg

前胸背板アップ

20191018211547a1e.jpeg

幼虫と成虫

【学名】Periplaneta americana

【分布】世界の熱帯・亜熱帯に広く分布

【形態・生態】雌雄同型。卵生。前胸背板に『ワモン』の由来となった肌色の模様を有する。このワモン部は個体差が大きく、後半部のみのものやほとんど消失したものも見られる。前翅は茶褐色。日本でも温暖な地域や熱源のある場所では見られる。本品種はワモンゴキブリの選別系統で、頭部、前翅、腹部が黒色。幼虫も全体黒色。

【飼育方法】床材は敷かず、卵パックだけをケースに詰めたセットで問題なく繁殖します。エサもなんでもよく食べます。脱走防止に炭酸カルシウムやワセリンが必要ですが、その他は特段気にすることもなく飼育できます。温度が下がりすぎると活動がと前るので、ある程度暖かい環境で飼育すると繁殖スピードが上がります。

【飼育難易度】★★★★★とても容易

【ゴキブリ屋敷メモ】
前翅が完全に真っ黒で、翅脈の美しさが際立ちます。
最初にこの系統の存在を知ったとき、めちゃくちゃかっこいい!とは思ったのですが、翅についてはクロゴキとさほど変わらないと思っておりました。しかし、実物を見てみると全くの別物です。高貴な感じがします。

飼育自体はワモンゴキブリ同様なので、あまり難しそうではありません。

日本ではまだ出回り始めたばかりなので高価ですが、Periplanetaファンにはたまらないゴキブリです。

幼虫も同様に黒く、異様な雰囲気です。
ブラックワモン、憧れのゴキブリでしたが、予想以上に素晴らしいゴキブリです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント