サツマゴキブリOpisthoplatia orientalis - ゴキブリ屋敷
FC2ブログ

サツマゴキブリOpisthoplatia orientalis

20191006210953953.jpeg

♂♀ともに翅のない丸っこいゴキブリです。

南西諸島に行くとどこでも目にしますが、なぜか毎回採集して島ごとに集めてしまいます。
金色のフチが美しいです。動きもそこまで早いわけではなく、繁殖も容易で飼育するにはとてもいいゴキブリです。

トカラ列島の悪石島に行った際、温泉で会った婦人が「鉢植えの下とかにいる大きなアマメは昔いなかった」と仰っていました。現在も分布を広げているゴキブリで、僕の住んでいる静岡でも沼津、静岡市などでも見られます。

基本的には乾燥環境で給水器、ゼリー、シェルター、マウスフードで飼育しています。卵胎生なので、気づいたら殖えている感じです。

鹿児島県指宿市に行った際、「薩摩のサツマゴキブリ」を少数採集してきました。殖えるか微妙な数でしたが、♀成虫から多くの子どもが生まれ、どうにか無事に殖えました。特に他の地域と違う特徴がある訳ではないのですが、ロカリティで集めてしまうというのは仕方のない性です。

幼虫はかなりの脱走上手なので、炭酸カルシウムなどの脱走防止はしっかりしましょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント