2019年09月 - ゴキブリ屋敷
FC2ブログ

エメラルドゴキブリバチ

2019.7.12に名古屋植物防疫所にエメラルドゴキブリバチの判定をお願いしておりましたが、2019.8.16に非有害判定をいただき、今回ショップ経由でついに飼育を開始しました。エメラルドゴキブリバチAmpulex compressa非常に美しいです。撮影後、ドイツの動物園での飼育環境を参考に産卵セットを作って早速投入しました。翌日確認すると、設置した穴の外に卵を産み付けられたワモンゴキブリが。どうやら、穴が気に入らなかったようで...

ニジイロゴキブリ等の非有害判定

2019.8.23に名古屋植物防疫所に有害非有害の判定をお願いしていた2種ですが、2019.9.19に非有害判定をいただきました。・ニジイロゴキブリpseudoglomeris magnifica・Schizopilia fissicollisニジイロゴキブリは兼ねてより展示を行いたいと考えていた種のため、とても嬉しいです。また、Schizopilia fissicollisも形態が面白い種なので、輸入可能となり嬉しく思います。名古屋植物防疫所のご担当者様には毎度迅速に対応していただ...

チビゴキブリAnaplectella ruficollis

♀成虫葉上に静止するチビゴキブリの♀ 奄美大島【学名】Anaplectella ruficollis【分布】日本(四国、奄美群島、沖縄諸島、八重山列島)、台湾【形態・生態】卵生。触角は透明感のある茶色。前胸背板は側縁部が茶色の混じった透明で、中央部は黒褐色。腹部も黒褐色。前翅は茶色の混じった透明。生態は不明な点が多い。本個体はタブノキに発生したアブラムシの甘露を摂食しに膝ほどの高さの葉状で見られた。【飼育方法】詳しくは不明...

ピンクポーセリンローチGyna capucina

♂成虫【学名】Gyna capucina【分布】リベリア、ガーナ、カメルーン、ギニア、ナイジェリア、コンゴ【形態・生態】♀の方が大型で、厚みがある。卵胎生。触角は一部が肌色。前翅はうっすらと桃色をしており、不規則に黒斑が入る。♂では中央部に大きな黒斑があることが多い。前胸背板は前半部が黒色、後半部が上翅と同色。【飼育方法】完全乾燥で飼育しています。床材は未発酵マットを使用しており、これに乾燥したミズゴケをまぜてい...

シナゴキブリの非有害判定

2019.8.162019.7.13に名古屋植物防疫所に判定の依頼をお願いしていたEupolyphaga sinensisの判定結果が届きました。非有害判定です。これで本種を日本医輸入することができるようになりました。䗪虫として紹介されるシナゴキブリとサツマゴキブリ(原色和漢薬図鑑)本種は中国で漢方として利用されているなど、人とゴキブリの関わりについて面白い種なのでいい結果が返ってきて嬉しいです。...

クエスチョンマークローチTherea olegrandjeani

オス成虫インドに生息する丸っこいゴキブリです。翅に「?」の模様があることからそう呼ばれています。国立科学博物館で行われた特別展「昆虫」では「ハテナゴキブリ」という名前で展示が行われていました。和名ではなく通称なので、なんと呼ぼうといいのですが、僕はクエスチョンマークローチという方に慣れてしまっているのでこちらを使っています。幼虫はケースの側面を登りませんが、成虫になると登ってくるようになるので気を...

シマンドアドウクツゴキブリSimandoa conserfariam

♀成虫【学名】Simandoa conserfariam【分布】ギニア【形態・生態】雌雄同形。卵胎生。腹部は黒と白の縞模様で、肢は赤い。前翅はグレーで非常に細かい白い斑点が不規則にある。前胸背板は白い縁取りのある黒。洞窟内に生息していた種で、エジプシャンルーセットオオコウモリのグアノ(フンなどの堆積物)を摂食していたという記録がある。生息地であった洞窟が開発の影響を受け、野生絶滅したとされている。【飼育方法】一部を乾燥気...

ペールボーダーフィールドローチPseudomops septentrionalis

メス成虫前胸の赤が目立つ小型のゴキブリです。雌雄で若干色彩が違い、オスのほうが薄めです。オス成虫飼育はとても簡単で、湿り気の多い場所と乾燥した場所を用意しておけば殖えてくれます。僕の場合は昆虫ゼリーとマウスフードを与えています。幼虫期間が長いようですが、その分羽化した時の感動はなんともいえません。...

アミメヒラタゴキブリBalta notulata

複雑な模様をした美麗ゴキブリです。生息地は基本的に南西諸島ですが、本州でも温室内などに定着が確認されています。幼虫は立ち枯れの樹皮下などから発見され、生息地では個体数が多いです。葉上に静止する個体 宮古島成虫は夜間に葉の上に出てきている個体を多く見かけます。採集する際はこの状態の個体を見つけて捕獲して回るのが楽です。葉上に静止する幼虫 石垣島幼虫も成虫同様に葉上にあるところを見ます。幼虫も成虫も魅...

クロモンチビゴキブリAnaplecta japonica

美しい小型のゴキブリです。四国九州などに分布しますが、記録は多くありません。文献でもネットでもかなり情報が少なく、幼虫の写真すら見つからず、採集する際に困りました。幼虫僕の想像よりもかなり小さく、また想像よりも美しいゴキブリでした。また、面白いことにこのゴキブリはノミのように跳ねます。終齢幼虫はかなり跳び、採集中何度も逃げられました。飼育については現時点で不明です。...